笑いのアル生活

日常にクスッとした笑いをみつけたい

ウソをつけ!

クモの巣


子どもの頃、クモが蛾を捕まえる瞬間に遭遇したことがあり、

蛾がクモの巣にかかったとおもいきや、

数秒で蛾をぐるぐる巻きにして

あとは何事もなかったように悠々と定位置に戻る

その姿にりりしさを感じ、

また、獲物を捕まえてもすぐに食べず、

お腹が空くまで待つとはなんと行儀がよいのだろうと

ヘンなところで感心したもので、

 

ところで、早朝山を散歩をするには帽子が必需品でこれはクモの巣よけ。

切られても切られても山道にはクモの巣が新しくできていきます。

今朝も両側から木が覆い被さるように生えて

クモの巣が群生しているところを注意深く進んでいると

獲物を前に呆然と立ち尽くしているクモに遭遇し、

よくよく見ると

自分と同じぐらいの大きさのカメムシを前に

捕まえようかそれともほっておこうかどうしようと頭をかかえているところで、

カメムシのあのにおいは強烈で、

わたくしが同じ立場だったとしてもやっぱりヤだな。